自律神経が乱れたときに私がやっていること

フリー写真素材ぱくたそ

何だか体の調子が悪くて病院に行ったけど、特に問題はないと診断された。そんな経験がある方も多いと思います。不定愁訴というのでしょうか。
季節の変わり目も辛いんですよね。

そしてネットなどで調べ、どうやら自律神経が乱れているのではないかという考えに至ったのではないでしょうか。私もその一人です。

症状は人によって様々です。私の場合は期外収縮(不整脈)が起きるようになります。病院で診てもらって大丈夫と言われても、やっぱり気になってしまうものですよね。

しかし、この自律神経の乱れは治そうと思っても簡単に治るものではありません。気がついたら治っていたということもありますが……

今回は自律神経が乱れたときに私がやっていること、心がけていることをまとめてみました。
これをやれば絶対治る、良くなるというものではありませんが、同じように悩んでいらっしゃる方の助けになれば幸いです。

スポンサーリンク

病院に行く

体の不調を感じたら、何はともあれ病院に行くことが第一です。
私もそうなのですが、「病院に行っても異常なしで終わりだろうな~」と考えてしまうと、足を運ぶのも面倒になってしまいがちです。
とはいえ、もしかしたら別の病気の症状かもしれませんので、おかしいと思ったら医師の診察を受けた方が良いでしょう。
定期的に健康診断を受けることも大切ですね。(自戒)

しっかり寝る

経験上、睡眠時間が不足すると次の日は調子が悪いです。私はロングスリーパーのようで、9時間は寝ないとすっきりしないのですが、毎日9時間は寝られないので7時間半くらいを目標に睡眠をとっています。理想的な睡眠時間には個人差があるでしょうから、自分に丁度良い睡眠時間を見つけると良いでしょう。

6時間睡眠だと短いという研究もあるようですので、寝足りないと感じている方は睡眠時間を増やすことを意識してみると良いかもしれません。
※参考:6時間睡眠を続けている人は自分で気づかないうちに徹夜した人並みに認識能力が落ちている(GIGAZINE)

また、寝る前にスマホやモニターを見続けると睡眠の質が落ちるというのも有名な話ですね。私もダメだと思いつつ、ついゲームをしてしまうのですが……。
本当は寝る前にお風呂に入って、薄暗い部屋で涼みがてらマッサージしてリラックス、そのまま布団へ……というコースが理想的なんでしょうけどね。

毎日質の良い睡眠を十分に取ることは、自律神経を整えるためには非常に大切なことでしょう。

湯船につかる

私も長いことシャワーだけ勢だったのですが、自律神経の乱れを感じ始めてから、なるべく湯船につかるようにしています。
私の経験ですが、湯船につかった次の日はいくらか体の調子が良いように思います。逆に怠ると調子が悪くなってくるんですよね。
湯船につかると睡眠の質が上がるという話も聞いたことがあります。

一人暮らしだと水道代やガス代がもったいない気もしますが、背に腹はかえられませんし、何万円も増えるわけではありません。試しに一ヶ月くらい続けてみるのも良いのではないでしょうか。

湯加減は完全にお好みですが、私は夏は38℃、冬は40℃でお湯を張ります。春と秋はそのときの体感温度に合わせて調節します。
つかる時間は15分です。あまり熱いお湯に長い時間つかるとかえって良くないと聞いたことがあるので、熱すぎない程度のお湯で15分と決めています。
これも個人差があるでしょうから、のぼせないように気をつけ、自分に丁度良い温度と時間を見つけられると良いですね。

カフェインを断つ

カフェインの摂取が自律神経の乱れに繋がることもあるそうです。本来リラックスしようとしている体をカフェインで無理やり叩き起こしているようなものでしょうから、だんだんまいってくるのも納得できます。

私も以前は毎朝コーヒーをブラックで飲まないと気が済まない質でしたが、今はコーヒーだけでなく、カフェインを完全に断っています。たまにカフェイン入りの飲料を飲むと明らかに体がおかしくなりますw 合わないんでしょうね。
その他、カフェインが含まれる緑茶や紅茶、コーラやエナジードリンクなども飲まないようにしています。チョコレートにもほんの少し含まれていますが、食べたいので食べます。

カフェインは辞めたいけど、どうしてもコーヒーを飲みたくてしかたがない場合は、カフェインレスコーヒーがお勧めです。私はこちらのカフェインレスコーヒーを毎日飲んでいます。初めは違和感があると思いますが、慣れればおいしく飲めますよ。
通販の他、スーパーやドラッグストアなどでも手に入ると思います。

カフェインレスコーヒー以外には、温かい麦茶を作ってちびちび飲んでいます。麦茶は安い上にカフェインレス、カロリーほぼ無しと良いことたくさんです。
私は元々おなかが弱いので、夏でもホットで淹れます。保温ポットにティーバッグを入れてお湯を注ぐだけで作れるので簡単です。

体をほぐす

肩や首のコリも自律神経と関係があるようです。私も実体験からそんな気がしています。
調べてみた感じですと、コリが自律神経が乱れる原因になるのか、自律神経が乱れてコリが悪化するのか、どちらの説もあるようですね。鶏が先か、卵が先か的な。

いずれにせよ、肩や首のコリを解消するのは悪いことではないでしょう。正しい姿勢を心がける、各種ストレッチを行う、リラクゼーションサロンで揉んでもらうなど、対策は色々あります。
先述の湯船につかることも、コリの解消に繋がる気がしています。

自分で揉みほぐすのは限界があるので、グッズを上手に利用したいですね。
私がよく使っているのはこちら。気持ちいいですよw

こちらは電動なしのお手軽タイプです。

ビタミン剤やサプリを摂取する

栄養をしっかり取ることも大切です。食事ですべて補えれば良いのですが、中々そうもいきません。

私は一日中座ってモニターかスマホを見つめているタイプなので、目・肩・腰に負担をかけまくっていますw
そうすると、当然のようにそれらが悲鳴をあげるわけですね。自立神経的にも良くないことは想像に容易いです。

対策としてビタミン剤を摂取しています。アリ○ミンEXはお高いので、こちらのようなほぼ同成分の類似品です。飲み忘れると目が焼けるように痛くなるので効いているのだと思いますw

それとブルーベリーのサプリも飲んでいます。こちらも切らして少しの間飲まないと眼精疲労が酷くなったので、やはり効いているのでしょう。

ざっと探したところ、「自律神経を整える」と謳うサプリ的なものってほとんどないんですよね。ちょっとお高いのはありましたが試していません。セントジョーンズワートは試してみましたが自分には効果がありませんでした。

何はともあれ、バランスの良い食生活を心がけるのが一番なのでしょう。

ストレスを発散する

ストレスは自律神経の大敵です。むしろこやつがすべての元凶ではないかとさえ感じられます。体の不調を感じてネットで調べてみると、大抵原因の欄にストレスと書いてありますしw

現代日本ではストレスフリーな環境に身を置くのは中々難しいです。誰もが大小様々なストレスを感じながら毎日を過ごしているはずです。
上手く受け流すことができれば良いのですが、やはり社会で生きていく以上、我慢しなければならない場面がたくさんあり、ストレスを抱えてしまうのは致し方のないことだと思います。

ですので、発散することがとても大切です。
趣味に没頭する、カラオケで熱唱する、休暇を取って旅行に出かけるなど、とにかく好きなことを思い切りやることでストレスはかなり発散できるはずです。

また、体を動かすことも有効と言われています。私は運動不足の解消を兼ねて、筋トレとエアロバイクによる有酸素運動を続けています。
私が使っているのはこちらのエアロバイクです。安くても初心者的には十分な性能です。(自分で組み立てる必要があります)
本格的にやるならジムに通った方が良いでしょうけどね。

環境を変える

仕事などの関係でゆっくり寝られない、食事は適当、湯船につかるのも面倒くさい、趣味に費やす時間もない……という状況の方もいらっしゃるのではないかと思います。

私もその昔、仕事の都合で1ヶ月間くらい会社で寝泊まりしていたことがありました。睡眠時間はめちゃくちゃで寝ない日もありました。
結果的に精神を病み、体がぶっ壊れ、長きに渡ってお薬を飲み続けることになってしまいました。

やむを得ず無理をなさっている方もいらっしゃるでしょうが、もし可能なら、環境を変えるという選択肢もあることを忘れないでくださいね。自分が壊れてしまっては元も子もありませんので。

最後に

私が心がけていることを書き連ねてきましたが、知っているような情報ばかりでしたら申し訳ありません。

原因のわからない体の不調は辛いものですが、あまり気にしすぎるのも良くないでしょうから、自律神経を整えることを意識しつつ、適当にやり過ごしましょうw
頑張らなくても良いのです。くれぐれも無理は禁物です。

それではまた!

スポンサーリンク

グゥ!な記事をシェアする

フォローする