ヴィヴァルディ:『四季』 おすすめの名盤や無料試聴できる動画をご紹介

フリー写真素材ぱくたそ

本日はヴィヴァルディの『四季』についてご紹介したいと思います!

普段クラシックを聴かない方でも名前くらいは知っていて、どこかで聴いたことがあるのではないでしょうか。そのくらい有名な作品です。
私は記憶がないのですが、音楽の授業で聴いた方もいらっしゃるでしょうか?

とても聴きやすいので、クラシック初心者の方にもおすすめの作品です。
え? クラシックなんて聴かない?
でも日本には四季があるから……

スポンサーリンク

曲データ

曲名:『和声と創意への試み』より『四季』(原題:Le quattro stagioni)
作曲者:アントニオ・ヴィヴァルディ
ジャンル:ヴァイオリン協奏曲

概要

元々は『和声と創意への試み』という12曲からなるヴァイオリン協奏曲集の一部で、第1曲から第4曲までが一般的に『四季』と呼ばれ、抜粋して演奏されています。『四季』というタイトルはヴィヴァルディ自身がつけたわけではないのですね。

『四季』は春夏秋冬ごとに3つの楽章から成り立っています。特に有名なのは春の第1楽章、冬の第1楽章でしょう。パッと思い浮かばなくても、メロディを聴けば「ああ、あれね」とわかるはずです。

『四季』の演奏で特に有名なのはイタリアの室内楽団であるイ・ムジチ合奏団によるものです。CD化されているだけでも6種類あり、『四季』人気の立役者と言えるでしょう。

こんなところで使われたよ!

『四季』はあちこちで使用されたり、アレンジされています。
特に「冬」の第1楽章はキャッチーですからね!

JR大井町駅の発車メロディ

1番線で「春」の第1楽章、2番線で「秋」の第3楽章が流れます。
高尾駅でも使用されているそうですね。

ダイハツ ムーヴのCM

「冬」の第1楽章が使用されています。

Bond:『Viva!』

「冬」の第1楽章をアレンジしています。

この曲はこちらのアルバムに収録されています。

beatmania IIDXより『V』

リズムゲーム『beatmania IIDX』シリーズの楽曲で、「冬」の第1楽章をアレンジしています。別アレンジの『V2』もあります。
他のBEMANIシリーズにも移植されているようですね。

このほかにもたくさんあると思います。

おすすめの名盤

演奏:フェリックス・アーヨ、イ・ムジチ合奏団
録音:1959年
レーベル:PHILIPS(現在はDECCA?)

先ほども触れましたが、『四季』といえばイ・ムジチ合奏団、イ・ムジチ合奏団といえば『四季』です。(多分)
このCDは6種類ある録音の内2回目のもので、フェリックス・アーヨがソロを担当しています。

およそ60年前の録音とは思えないほど音質が良く、演奏も流麗かつオーソドックスです。恐らく最も有名な『四季』のCDなのではないでしょうか。
『四季』には数え切れないほどのCDが存在しますが、最初の一枚にはこちらがおすすめです。

視聴する

演奏:
Antal Zalai, violin/conductor
The Chamber Orchestra of St. Petersburg State Symphony Orchestra
The Grand Hall of St. Petersburg Philharmonia, 2 March 2016